モミジガサの探し方

アクセスカウンタ

zoom RSS 「孝」とか「信」は日本的ではない

<<   作成日時 : 2017/12/30 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知らないことがたくさんあって、知識の根幹が揺すぶらされる本です。

「あわいの議題の「論語」」より

 「古事記」のなかには(孝という言葉は)一度も出てきません。「孝」には訓(日本語読み)がないことからもわかるように、古代の日本には「孝」という概念はありませんでいた(日本の神様で親孝行の神様は、ほとんど見当たりません)。
<中略>
 「信」の動詞形「信じる」に訓がないことからもわかるように、昔の日本人に「信じる」という行為はまったく理解できない行為でした。「信じる」というのは、「いまここにないものを、あると思うこと」をいいます。 神がそこに見えているときには、神を信じるなどという事は必要ありません。

あわいの時代の『論語』 ヒューマン2.0 [ 安田 登 ]
楽天ブックス
ヒューマン2.0 安田 登 春秋社アワイノジダイノロンゴ ヤスダノボル 発行年月:2017年07月2


楽天市場 by あわいの時代の『論語』 ヒューマン2.0 [ 安田 登 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「孝」とか「信」は日本的ではない モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる