モミジガサの探し方

アクセスカウンタ

zoom RSS 殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可

<<   作成日時 : 2017/12/31 01:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

なんでこんな年末に決めたんだろうか
ミツバチが全滅してもいいと思っているんだろうか
----------------
農林水産省は12月25日、ネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可した。同剤は、ミツバチへの毒性が強いことから、米国では厳しく使用制限され、フランスでも一時禁止とする予備判決が下されている。国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京・新宿)も声明を発表し、厳しく批判した。(オルタナ編集部=吉田広子)
20年ほど前から、世界各地でミツバチが大量死する蜂群崩壊症候群(CCD)という現象が起きている。15カ国53人の科学者からなる 「浸透性農薬タスクフォース」(TFSP)は2014年、ネオニコ系農薬をはじめとした浸透性農薬がミツバチ減少の要因であると結論付けた。ネオニコ系農薬は「神経毒性」「浸透性」「残留性」の特徴を持つ。農作物の受粉を助けるミツバチの大量死は、食糧問題にもつながる。

国連が設置した科学者組織「IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム)」の報告書によると、ハチなどの生物がもたらす経済的利益は、世界全体で最大年5770億ドル(約64兆円)に上るとしている。

日本でスルホキサフロルが使用される作物は、キャベツ、だいこん、きゅうり、トマト、ミニトマト、レタス、かんきつ、なし、りんご、稲である。米国のように開花期の使用制限は設けられていない。

日本でスルホキサフロルの登録申請を行ったのは、ダウ・アグロサイエンス日本(東京・品川)、日産化学工業(東京・千代田)、北興化学工業(東京・中央)の3社だ。

----------------
日本に毒物を買わせる米国の圧力ww
----------------
仮に本当に危険だと日本人が思うなら
一切買わない使わないようにすればいいだろ
アメリカが一人一人に農薬使えって圧力掛けに来るのか?
----------------
今年不作のミカンも虫媒花だっけ
蜂が居なくなったら、どれだけのものが高騰するんだろうな
でも農家の人に、蜂が死んじゃうから除草剤撒きたくない言ったら蜂なんて死んでもいいじゃんって返事が返ってくるんだよなぁ
自分の首を絞めてるのに暢気なもんだよ
-----------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可 モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる