モミジガサの探し方

アクセスカウンタ

zoom RSS 最大の不幸は、祖国を歌う歌を持っていないこと

<<   作成日時 : 2018/01/06 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


アメリカに限らず、いま多くの国にあって、わが国にないのは、石油資源ではなく、矜持である。何をどう間違えたか、私たちは、戦争を放棄したついでに、誇りをも放棄してしまったようである。それを見透かされて、やくざに脅かされる羊の市民のように、いつまでもどこかの国から賠償を求められ、その度に目を泳がせ、卑屈に腰を浮かせている。そんなとき、深く目を閉じ、声を揃えて歌う 「ゴッド・ブレス・アメリカ」のような歌があったら、と私はつくづく思う。下品に居丈高なよその国は、その歌声を聞けば、黙って引き返していくはずである。私たちは、いつの間に、誇りということについて、こんなにアンビギュアスな民族になってしまったのだろう。

「ディア・ハンター」を贖罪の映画だとか、勇敢に自分の国を告発しているとか言っているから、日本人はお人好しなのだ。これは、それでも我々は 「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌い続けるという映画なのである。

「みんな夢の中」より

みんな夢の中―マイ・ラスト・ソング〈2〉
文藝春秋
久世 光彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんな夢の中―マイ・ラスト・ソング〈2〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最大の不幸は、祖国を歌う歌を持っていないこと モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる