モミジガサの探し方

アクセスカウンタ

zoom RSS エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE

<<   作成日時 : 2018/06/03 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高音まで透き通るようないい声ですね。

6月3日(日) 15:00〜15:30
場所:1F すずらん広場
出演:
エビナマスジ(ボーカル、ギター)
大山 小夜子(ピアノ)
古舘 賢治(ギター、ボーカル)


エビナマスジ(ボーカル、ギター)
シンガーソングライター。稚内市出身。稚内観光大使。2001年に結成した兄弟ユニット『SE-NO』として、セイコーマートやSKタクシーのCMに楽曲が起用。コンサートホールKitaraや札幌教育文化会館でのワンマンコンサートを開催。エフエムおたる・FMわっぴ〜にて『SE-NO room』『SE-NO home』の番組パーソナリティを勤め、STVラジオ『SE-NOのアタックヤング!』のパーソナリティに選ばれた。2016年にNHKほっとニュース北海道のエンディング曲として『SOYA PARTY』が起用され多くの人の耳に音楽が届く。SE-NOとしての活動と並行して、2014年からはそれぞれにソロ活動に力を入れ始め、ソロ名義・エビナマスジとして、2015年には中西圭三氏をコーラスに迎えたファーストアルバム「UPSTAIRS」を発表。様々なライブイベントへの出演やリリースツアーなどを行ってきた。2017年11月26日には3枚目の音源となるミニアルバム「FLOW」をリリース。収録曲『ビタミン』がAIRDOの機内オーディオ放送に起用された他、FMラジオ各局のパワープレイにも選出され、注目を集めている。
エビナマスジ オフィシャルサイトwww.ebina-masuji.com

大山 小夜子(ピアノ、ゴスペルディレクター、アレンジャー) おおやま さよこ
両親の影響で幼少時からオルガン・ピアノを始め、アメリカ留学時には教会で演奏する傍ら数々の賞を獲得。帰国後様々な音楽活動を行うが、1998年キーボーディストとして参加したゴスペルワークショップでブラックゴスペルに触れ、これこそライフワークと確信。ブラックゴスペルを主軸とした活動を開始する。本格的なゴスペルピアノを弾きながら、テンポよく的確に歌を指導するスタイルが評価され、国内はもとよりアメリカ、スペイン、フィンランドからも招かれて指導・演奏・レコーディングを行ってきた。現在、札幌を拠点に6つのゴスペルクワイアを定期的に指導する他、ピアニスト、アレンジャーとして多くのアーティストをサポートしている。また、東京在住のゴスペルシンガー遠谷政史とのゴスペルデュオ『PAUSA(パウザ)』としても活動し、これまでに「Unconditional Love」「Open Your Door」の2枚のCDをリリース、日本各地でライブを行っている。

古舘 賢治(ギター、ボーカル) ふるたて けんじ
1980年札幌市生まれ。高校時代、矢野顕子さんに衝撃を受け音楽にのめりこむ。大学進学後、軽音楽部に入部。ジャズを山崎英夫氏に師事。現在札幌を中心に、全国で幅広くライブ/コンサート/レコーディングを行っている。2006年6月ソロでのsingleCD「up the wind」を発表。2006年、フジテレビ昼ドラ「紅の紋章」劇中曲にギターで参加。2004年〜2008年5月までJR-towerホテル日航札幌35F「sky-j」にて演奏。2009年8月、日本作編曲家教会(JCAA)主催の「シネマトラック」コンサートにアコースティックギターで出演。2010年11月〜2015年10月、寺嶋民哉音楽監督のもと「スクリーンミュージックの宴」にギターで参加。2013年1月、初のオリジナルアルバム「すきとおったほんとうのたべもの」発表。2015年3月、First Call Recordingsよりタワーレコード/Amazon等で、アルバム全国流通開始。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エビナマスジ・大山小夜子・古舘賢治トリオ LIVE モミジガサの探し方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる