つま先着地がいい?




【1月28日 AFP】ランニングシューズを履いて走るよりも、はだしで走る方が足にかかる衝撃を大幅に吸収できるとする論文が、27日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。
 研究チームは、米国とケニアのランナーを対象に、「はだしで走る」「靴を履いて走る」「以前は靴を履いていたがはだしへ転向した」3つのグループの足の重心のかかり方を調べた。
 すると、靴を履いたランナーの4分の3が、着地時にかかとが地面に接しており、接地回数は1マイル走るごとに約1000回だった。衝撃を和らげる効果の高いスポーツシューズでも、すべての衝撃を吸収しきれないことは、ヘビーランナーの30~75%が毎年何らかの反復運動損傷を訴えていることからも明らかだ。 
 一方、はだしのランナーの圧倒的多数は着地時にかかとが接地せず、足の側や母指球で接地していることがわかった。かかとを地面に付けない走り方は、体重の2~3倍の衝撃がコイン大の表面に集中することによって、痛みや損傷につながる衝撃を回避できる利点があるという。 
 論文は、「今日、はだしで走ることは危険でけがの原因になると考えている人は多いが、実際には人はどんなに硬い地面であっても、はだしで痛みも不快感も感じずに走ることができる」と指摘している。

常歩(なみあし)身体研究所の見解を見ると
最近、フォアフット(ストライク)走法を提唱している方々も多い。足の接地をかかとではなく、フォアフット(前足部)にするというもの。それによって膝・足関節などへの衝撃がやわらげられるというものです。

 フォアフットとヒールコンタクトとどちらがいいのか?というような論争にもなってるようです。

 なんで、どちらかに決めたがるのかな~~、というのが私の感想。

 正しい歩き方や動き方などない・・・、という理由と同じで正しい接地方法などない、と思われます。

 正しいか正しくないか・・と考えると動きは難しくなる。その人(選手)に適している(合っている)か適していないか・・・。

 足・膝・股関節が合理的に機能すれば、かかと接地が有効。接地と同時か直後、足関節が背屈(屈曲)し膝関節が前方に送り込まれることができれば、かかと接地が可能となります。

 足関節と膝関節の屈曲は、股関節の外旋が条件となりますので、やはり常歩の外旋ストレッチが大切。

 股関節の内旋傾向が強い方は、かかと接地はブレーキになると感じるのかもしれません。フォアフット走法の方が動きやすいと感じると思います。 

 裸足のランナーといえば、オリンピックローマ・東京の両大会で金メダルを獲得した故アベベ選手、ユーチューブで動画を見つけました。
アベベ選手は、典型的なヒールコンタクトのフラット走法です。動画の一コマを抜いてみました。右足接地の直前です。

 ヒールコンタクトとフラット走法を分けてとらえるのは乱暴。ヒールコンタクトで全身が上手く機能すればフラット走法に・・・・。 
走動作で速度が上がっていけば、接地時間が短くなり、また体幹が前傾すればヒールコンタクトしなくなる傾向があります。しかし、その場合も前頸骨筋とハムストリングの収縮による膝の送り込みと体幹の乗り込みが重要。

 そのようにとらえると、かかと接地は一つの象徴的(客観的)な事象で、総合的な身体動作の中で考える必要があります。

13 名無しのひみつ (2010/01/28(木) 21:59:19 ID:sAtTmj42)
>>1
そう簡単じゃないと思うよ。疲労骨折ってのがあって、裸足だとそっちの心配もある。
この実験、一年も二年もやってないんでしょ?
82 名無しのひみつ (2010/01/29(金) 13:12:15 ID:LY4B747E)
>>13
衝撃を大幅に吸収するってあるだろ
ふくらはぎの筋肉をバネと見立てているわけで、筋持久が続くのであればこの方がいい
ランニングシューズももっとぺったんこの奴が増えてほしいもんだ

33 名無しのひみつ (2010/01/28(木) 22:37:43 ID:HLpLjgxm)
かかとが最後まで接地しない靴を開発すれば良い
34 名無しのひみつ (2010/01/28(木) 22:40:30 ID:1r787bOT)
>>33
踵の接地を少なくし、つま先重心で走るシューズもあるよ。
ニュートンランニングシューズで検索してみ。

96 名無しのひみつ (2010/01/29(金) 15:29:44 ID:g80GdQPf)
短距離選手は大体の選手がつま先着地で走ってる。
長距離選手は大体の選手がかかと着地。
衝撃はともかく早く走るためにはつま先着地がいいらしいな。
人間以外の動物は皆つま先しか使ってないし。
101 名無しのひみつ (2010/01/29(金) 17:27:04 ID:ksW8f8Gt)
>>96
つまさきじゃなく母指球のほうが正確
短距離選手は100%母指球着地だと思うよ。短距離の靴はそれを前提に出来てる。

176 名無しのひみつ (2010/02/02(火) 08:50:57 ID:NLtbMAat)
人間は今でも、四つ足で走ると信じられない速度で走れるらしいな。
ジャービス・ステインバーグという運動生理学者が、ある無名のランナーとともに行ったという四足走行の実験の話、知ってる?
ジャービスの指導のもと、手をついて、四つん這いで、まるで動物のように走るその無名ランナーは、
当時の5000m~10000mの当時の記録を圧倒する仰天記録を連発した。第一次世界大戦後のドイツでの話。その無名ランナーは、非公式ながらフルマラソンを2時間切ったという伝説もあるな。
だが、保守的な陸上競技会の上層部が四足走行を禁じる規定をすべての競技に設けた。
人間の尊厳を地に貶めるようなその走り方は許しがたい、というのが表向きの理由だったが、
本当の理由はこれまでの数々の記録の存在価値を無に帰するような圧倒的な差に恐れをなした、と。
今でもオリンピックのすべての陸上競技の規定に、二本の足で走ることとあるのはその名残り。
無名ランナーのその後の行方は杳として知れず、ジャービスはプーマ社に
シューズのデザイナーとして迎え入れられた。
プーマのあのマークのデザインは、ジャービスの叶わなかった思いを創業者のルドルフ・ダスラーが汲んで形にしたものだ。

188 名無しのひみつ (2010/02/02(火) 15:57:47 ID:x7pdNRQh)
靴を履いて母指球から着地で解決だと思うのだが…そうはいかんのか?
194 名無しのひみつ (2010/02/02(火) 17:25:09 ID:lfGfmmNa)
>>188
踵高い靴でフォアフットやるとふくらはぎが死ぬ
ゲブラセラシエはフォアフットのくせにクッション厚めの靴絶賛してるから
またそれに合った走り方があるのかもしれんが

247 名無しのひみつ (2010/02/15(月) 05:04:25 ID:P5cGJDvC)
オレ、短距離と長距離の走り方は厳密に区別されるべきだと思うんだよね。
人類の歴史の中で、40km以上(フルマラソン)とか、ましてや100km以上(ウルトラマラソン)走る必要があった場面があっただろうか。
なかったと思うんだよね。
それよりは短い距離を全力疾走する必要のあった場面のほうが想像しやすいような気がする。狩りとかね。
フォアフットで接地する際に働く衝撃吸収メカニズムは、そうした短距離を走る場合に有効なものなんじゃないだろうか。
現に、短距離を走る場合はほとんどの人がフォアフットで接地するでしょ。
対して、常に酸素を供給しエネルギーを燃焼しながら走る長距離を走る行為は、むしろ歩く行為の延長線上にあるんじゃないかな。
裸足で走ると多くの人がフォアフットから接地するのと同じくらい、いやそれ以上に、歩くときは恐らくほぼ全ての人が踵から接地するよね。
常にジャンプし体重の3倍以上の衝撃を与えて接地しつつ「歩く」行為が長距離走で、踵を保護するためにシューズに厚いクッションを設けた。
何かオレ、誰でも知ってる当たり前のことを書いてる気がするんだけど。
ケニヤの優秀なランナーがフォアフット接地で長距離を走れるのは、
たまたまフォアフット接地時に働く衝撃吸収メカニズムの耐久性がたいへん優れているからじゃないだろうか。
そうした稀な人を参考に長距離の走法を考えるのは、たいへん危険なことだと思う。
あと、これは個人的な意見なんだけど、
この研究では「フォアフット接地とミッドフット接地」「ヒール接地」のように区分しているが、
これは「フォアフット接地」と「ミッドフット接地(フラット走法)とヒール接地」のように区分するのが正しいと思う。
ヒール接地のランナーの中でも経験を積むに従って自然にミッドフット接地に変化していく人がいるって言うし。

248 名無しのひみつ (2010/02/15(月) 06:27:29 ID:j5/zclaD)
>>247
人類の長距離適性の根拠にしてるのはこのPersistence Hunt
糞暑い中ひたすら獲物を走って追いかけて熱バテさせる
http://www.youtube.com/watch?v=9wI-9RJi0Qo
エリートケニア人ランナー(裸足で育って今は靴履いて走る)のフォーム比較
フォームは同じで踵の高さで接地が変わるだけ
http://www.barefootrunning.fas.harvard.edu/Elite%20Eldoret%20BF%20THT1%20All.jpg
http://www.barefootrunning.fas.harvard.edu/Elite%20Eldoret%20Shod%20MFS1%20All.jpg
動画
http://www.youtube.com/watch?v=3j9JtpSbPNg
http://www.youtube.com/watch?v=MfrsOFadIKQ
俺は逆にフラット走法の存在意義が不明だったんだがこれ見て
靴履いたフォア/ミッドフット走法の外形だけ真似したものだったんだと思った
>歩くときは恐らくほぼ全ての人が踵から接地するよね。
これも安心して歩ける平地に限定されるよ。砂利道裸足なら踵着地にはならないし、
靴履いてても階段の上り下りは前からでしょ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック