流出した原油の大半が除去された?




【8月5日 AFP】米メキシコ湾(Gulf of Mexico)の原油流出問題で4日、英エネルギー大手BPが前日に開始した流出源のマコンド(Macondo)油井に泥を注入する「スタティック・キル」作戦が終了した。米政府は同日、流出した原油の大半が除去されたか、自然作用により消滅したと発表。4月20日の原油掘削施設の爆発事故から106日経っての大きな進展となった。
1 名前:依頼19-103@白夜φ ★[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 00:26:40 ID:???
◇メキシコ湾の原油浮遊量が激減 海中の微生物が分解
【ワシントン共同】メキシコ湾の原油流出で、海面を浮遊する原油の量が激減している。
米CNNテレビなどは「油はどこに行ったのか」と注目。
米海洋大気局(NOAA)のルブチェンコ局長は27日の記者会見で、海の微生物が油を食べているために分解が進んでいるのが一因と説明した。
米紙クリスチャン・サイエンス・モニター(電子版)によると、英石油大手BPが流出源の油井に密閉ぶたを設置し、
今月15日に流出阻止に成功してから2週間弱で、原油が広がった海面の面積は約20万平方キロから約2万5千平方キロに縮小し、推移を見守っている科学者たちを驚かせた。
同湾には約800隻の原油回収船が展開。
数週間前まで1日の回収量は400万リットル近かったが、先週後半からは日量約8千リットルに減少したという。
2010/07/28 19:18 【共同通信】
--------------
▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072801000803.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)配信記事
26日、米南部ルイジアナ州沖のメキシコ湾で、原油に沿って進む船(AP=共同)
http://img.47news.jp/PN/201007/PN2010072801000866.-.-.CI0003.jpg
▽関連記事
・The Christian Science Monitor
Gulf oil spill: Where has the oil gone?
http://www.csmonitor.com/Environment/2010/0727/Gulf-oil-spill-Where-has-the-oil-gone
*ご依頼いただきました。

22 名前:エラ通信@“226” ◆0/aze39TU2 [] 投稿日:2010/07/29(木) 01:05:16 ID:0qnsXwHm [1/2]
微生物繁殖はそんなに早くないよ。
単に、三日~一週間で油分蒸発。
あとはタール状になって沈殿。
このサイクルで、海浜以外はなんとかなる。
韓国ヘベイ・スピリットの事件を追跡していたが、翌年は多少、漁獲が減った(回遊魚が近寄ってこない)が、二年たったら、漁獲は元に戻った。

24 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 01:15:06 ID:6dzWna3k [1/2]
>>6
原油って水より重い成分と軽い成分が混じってるんだよ。
流出した時は全体として水より軽いから水面に浮いてるけど、時間が経って揮発しやすい成分=比重が小さい成分が揮発していくと、重い成分が残って海底に沈んでいく。

33 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 03:03:02 ID:EJez2TM6
よく日本の海でもタンカーが座礁して重油流出とかあるが漁業に数年に渡る被害って発表されても、1年ぐらいで元に戻ってる。
自然は偉大だ、だがしっぺ返しはくるぞ。
その微生物を糧にする、問題を持った生物が大量発生するとか
エチゼンクラゲのように・・・。

46 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 07:41:15 ID:gpydkjDF [1/2]
http://www.bp.com/liveassets/bp_internet/globalbp/globalbp_uk_english/incident_response/STAGING/local_assets/html/Boa_Deep_C_ROV_1.html
画像の浮遊物って沈殿したやつなのか?
ていうか、海底からモクモク噴き出してるぞ!

47 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/07/29(木) 07:43:46 ID:xn7Xkk/S
>>35
あれほど大量流失したペルシャ湾も回復が早い。温度が決定的なファクターか。
だが、深海に沈んだ部分はかなり長く影響を残すだろうね。

50 名前:エラ通信@“226” ◆0/aze39TU2 [] 投稿日:2010/07/29(木) 08:12:08 ID:0qnsXwHm [2/2]
>>46
この白いヤツは、海底の寒さと海水に混じって生成中のメタンハイドレード。

66 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 09:53:30 ID:Qb5h3ql8
原油流出の場合、浮遊する油=軽い油は揮発するのであまり問題にならない。
問題は海底に沈んだり水中で玉になってる油、こいつらはなかなか揮発も生分解もされない。

93 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/07/29(木) 15:53:36 ID:5FgUPFNG
原油流出のBP社、科学者たちを「囲い込み」
2010年7月26日 WiredVision
科学界はつねに、利害の対立に折り合いをつけるのに苦労してきた。科学データを発表するかしないか、発表する場合はどんな形で発表するかということが、経済的な利害など外部からの要因に影響されることは、現実にきわめてよくあることだ。その典型は製薬関連だが、他の領域でも同様の問題が生じうる。
アラバマ州のニュース・サイト『Press Register』が報じたところによれば、同サイトは、BP社が現在、メキシコ湾岸周辺で活動する科学者たちに提示している契約書の写しを入手したという。
記者の伝えるところでは、この契約書は、「科学者たちが研究を発表したり、ほかの科学者たちと研究を共有したり、少なくとも今後3年間に集めたデータについて語ったりすることを禁じている」という。
この記事(そして、ニュースサイト『Inside Higher Ed』に掲載され、かなり内容が重複する第2弾の記事) では、多くの研究者に話を聞いている。研究者たちが言うには、BP社は訴訟に備えていると明言しており、必要になった場合に法廷で証言することを科学者たちに求めているのだという。BP社にとってその証言が必要になるかどうかは、研究の結果がどう出るかにかかっていることは確実だろう。
科学者がこのような契約に興味を示すとしたら、その理由はなぜだろう。
これに関してオフレコということで語った科学者たちは、BP社がこの契約に対して最高250ドルという時給を申し出ている点を指摘した。(後略)
http://wiredvision.jp/news/201007/2010072623.html

99 名前:名無しの小僧[] 投稿日:2010/07/29(木) 17:20:30 ID:Pyj7XFrd [2/2]
2,3年後に海老が豊漁になるだろね。
ペルシャ湾もそういう時があったよ。
油の産地は海老の産地と言う言い伝えもあるんだよ。

146 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 18:00:42 ID:dy74x3vp
福井だったかの日本海側のタンカー座礁かなんかで原油流出あったやつ、ひしゃくとかで地道に回収したが、全部綺麗にはできるわけもない。でも、時間がたつと微生物が綺麗サッパリにしてくれたってのは知っている。

147 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 18:05:58 ID:EiMhKDBc [7/7]
>>144
もちろんきれいに分離したりはしない
勢いよく噴出した直後から海水と混ざり合って比重を増しながら脂肪族や芳香族などの軽いもののうちいくつかは直後から溶解したり揮発して流れその量を減じていくしそうでないものはムース、固形、分散化しながら留まりつつ海上や海中に漂う
またこれらも流出原油の性質や温度などの環境によって一概には定まらない
しかし少なくとも>>62に書かれてあるような揮発成分が蒸発してタールが沈殿するということは起きない
そもそも比重が1.2に及ぶタールのみからなる油塊として残存することはない

151 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/08/01(日) 16:01:19 ID:kC/3sXdO
農林水産省の研究で原油と不純物を入れた水をしんとうすると、小さな固まりに不純物がくっついて比重がおおきくなり落ちていくというのがある。
大部分それじゃないかなと思うけども。

181 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2010/08/04(水) 22:40:57 ID:+JMePbsm
海底の一部が崩壊か
1分30秒目あたりでかなーりまずい状態発生(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
http://www.youtube.com/watch?v=Vo5cgGTy9LU&feature=related

205 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/08/07(土) 23:16:20 ID:0RwAl0rY
十数年前に能登沖が重油まみれになったときに、海岸線でスコップすくい参加したけど 正直こんな地道な作業に意味あるのかと思うほど悲惨な状態だった
…けど、予想されてたよりかなり早く復活 人間の力というより、予想をはるかに上回る自然界の作用がなんたらこうたらって話だった
自然界すげぇと思ったもんだが、そのメカニズムはまだ判ってないのか









水鳥のための油汚染救護マニュアル
北海道大学図書刊行会
E. ウォルラベン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 水鳥のための油汚染救護マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



海は死なない―日本海重油流出事故黒い油とたたかった人々 (ポプラ社いきいきノンフィクション)
ポプラ社
ゆうき えみ

ユーザレビュー:
良質の子供向けノンフ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海は死なない―日本海重油流出事故黒い油とたたかった人々 (ポプラ社いきいきノンフィクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック