肥満大国ブラジル




洋なし型の女性は確かに多いですね


【4月11日 AFP】ミニビキニ姿の若い女性や、過剰なまでの体型に対する高い意識で知られる南米ブラジルだが、国民の半数近くは太りすぎであるとの調査結果が同国の保健省より10日発表された。

 アレシャンドレ・パジリャ(Alexandre Padilha)保健相は、「体重増加と肥満の傾向が徐々に高まっている。米国のようになるのを避けるためにも、これを食い止めなければいけない時期に来ている」と警告した。

 調査は2011年1~12月の期間で成人5万4000人を対象としてインタビューを実施したもの。結果、同国で太りすぎの人々が占める割合は2006年の42.7%から2011年には48.5%に、同時期の肥満の割合は11.4%から15.8%に増加していることが判明した。

 もっとも太りすぎの人の割合が高かったのは、男性では35~45歳(63%)、女性では45~54歳(55.9%)だった。

 調査対象となった最年少グループである18~24歳では、男性の30%、女性の25%が太りすぎとの結果がでている。(c)AFP


肥満と飢餓――世界フード・ビジネスの不幸のシステム
作品社
ラジ・パテル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 肥満と飢餓――世界フード・ビジネスの不幸のシステム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



貧困肥満-新格差社会の到来- (扶桑社新書)
扶桑社
三浦 展

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 貧困肥満-新格差社会の到来- (扶桑社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



加速する肥満 なぜ太ってはダメなのか
エヌティティ出版
ディードリ・バレット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 加速する肥満 なぜ太ってはダメなのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック