日中交流とシニア災害ポランティア

会場に入るのに警護が厳重で、名刺等による本人確認や金属探知機によるチェックがあった。

日中国交正常化40周年記念 北海道フォーラム
6月12日
場  所 札幌パークホテル
【プログラム】

13:00~ 開会挨拶 北海道知事 高橋 はるみ 

13:10~ 基調講演 駐日中国特命全権大使 程 永華 

14:10~16:00 

 ◆第1分科会
  ・テーマ:つなぐ~日中関係における地域間の市民交流~
  ・パネリスト:○北海道大学観光学高等研究センター センター長  石森 秀三
         ○(株)クリエイティブオフィスキュー 代表取締役副社長/プロデューサー 鈴井 亜由美
         ○ハルビン師範大学教授(国際合作交流処副処長)  王  き(王へんに其)
         ○(株)北海道チャイナワーク 代表取締役社長    張  相律
  ・聴き手:札幌大学孔子学院 副学院長               高瀬 奈津子
  ・内 容:北海道においても、農林水産業分野の技術交流をはじめ様々な分野にわたって中国との交流が推し進められてきています。有識者、民間、団体等幅広い分野の国際交流実践者による意見交換を通じて、今後の市民交流のあり方を検討するとともに、地域の魅力を相互に発信し、今後の一層の交流を推進します。

 ◆第2分科会
画像


  ・テーマ:むすぶ~日中交流とシニア災害ボランティア~

  ・挨 拶:一般財団法人地域社会ライフプラン協会 常務理事  廿日岩 信次

  ・パネリスト○(財)北海道国際交流センター 事務局長      池田 誠

        ○(特活)多文化共生マネージャー全国協議会事務局長 時  光

        ○奥尻島津波語りべ隊 奥尻町住民課長補佐     長崎 武巳

○北海道地域防災マスター             山田 輝昭

  ・聴き手: (有)ボイスオブサッポロ 代表取締役        橋本 登代子

  ・内 容:近年、日中両国で大規模災害が相次いで発生し、双方でボランティアのあり方が注目されるなか、両地域での体験の紹介、課題の指摘、今後のボランティア活動の展開やネットワークの構築について意見交換し、とりわけ、注目されているシニアの役割に焦点を当てながら、今後の災害ボランティアの相互交流を展望します。

【お問い合わせ】北海道総合政策部知事室国際課



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック