アイアンマン 中国企業が買収

大連万達、米トライアスロン運営会社を買収 780億円 2015/8/28付 日本経済新聞 

【香港=原島大介】中国の商業不動産大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)は27日、トライアスロン運営会社の米ワールド・トライアスロン・コーポレーション(WTC、フロリダ州)を買収すると発表した。買収額は6億5千万米ドル(約780億円)。中国人の間で健康志向が高まっているとみて、スポーツ事業の拡大を急ぐ。
WTCは欧米などで「アイアンマン」の名称のトライアスロン大会を開いており、日本でも2016年に北海道で開催する。買収後は中国各地で大会を開き、自社のホテルや商業施設との相乗効果を見込む。
以下省略
-----------------------
来年も洞爺湖でアイアンマンは確定かな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック