火のカエル

2.8億年前のヘンな両生類化石が続々、ブラジル 恐竜が登場する前の生物相をブラジルで調査 --
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/111100318/

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/111100318/ph_thumb.jpg
ブラジル北東部で発見された新種の両生類Timonya anneaeの化石の一部。そこはかつて熱帯の湖だった。(Photograph by Juan Cisneros)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/111100318/2.jpg
熱帯の湖を泳ぐ古代生物の想像図。左手前が新種のTimonya anneae、右の大きな生物は「火のカエル」と名づけられた新種Procuhy nazariensis、左奥の倒木の下に潜むのはリネスクス科の両生類。(Illustration by Andrey Atuchin)
<以下省略>

19 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [] :2015/11/12(木) 12:27:22.49 ID:GXc+02hT.net
ペルム紀の地層は日本にも方々にあるけど、当時だだっ広い海の中だったからフズリナ、ウミユリ位しか化石出ないのよねー。

21 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [↓] :2015/11/12(木) 12:42:53.61 ID:p2gltSfS.net
カエルのネオテニーなの?
どうみてもサンショウウオに見える…

31 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [↑] :2015/11/12(木) 18:36:12.45 ID:YsUOv5hZ.net
ペルム紀といえば哺乳類の先祖たる単弓類だけど
史上最悪の大量絶滅で単弓類は多くが失われ
主竜類、そして恐竜の時代が来てしまう


32 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [] :2015/11/12(木) 19:30:39.11 ID:AqtsMZAD.net
たしか酸素濃度が下がって
横隔膜で呼吸する動物と
気嚢システムで呼吸する動物が
繁栄するんだよな



36 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [↓] :2015/11/13(金) 21:16:10.07 ID:7LBqTY5J.net
>>5
こういう化石で「火の」という意味の「ピロ」と付く場合には、

火山灰の層に埋まってましたって意味の場合が多いとの事wwwww

37 :名無しのひみつ@\(^o^)/ [] :2015/11/15(日) 04:01:57.46 ID:i9hc6Vu+.net
南伸坊じゃん(´・ω・`)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック