遺伝子組換えの蚊がマラリヤを防止する

食品安全情報blogより

遺伝子ドライブが蚊をマラリアファイターに変える

Science特集
Gene drive turns mosquitoes into malaria fighters
By Elizabeth Pennisi 25 November 2015
Science 27 November 2015: Vol. 350 no. 6264 p. 1014

マラリアとの戦いに新しい協力者が現れた:動物の集団に遺伝子を広める議論の多い技術である。実験室では遺伝子ドライブは蚊をマラリア耐性にして拡散しないようにできる。遺伝子ドライブそのものはマラリアを根絶できないが、野生の蚊に応用が成功すれば病気を無くすのに役立つ。しかしこの期待を野外で実験するのはより広範な議論が解決するのを待たなければならない。この戦略の基本は、操作された遺伝子を次の世代に優先的に遺伝させることで拡大するものである。遺伝子ドライブが新たに注目されたのは今年初めにCRISPR-Cas9で編集したショウジョウバエを研究していた遺伝学者がこの戦略で変異がほぼ全てのハエの子孫に拡大するという成果にびっくりしたためである。このScienceの報告は、eLifeにCRISPR-Cas9遺伝子ドライブシステムが生態系を破壊し種全体を絶滅させてしまう可能性があると警告する論文が発表されて一年も経たないうちのものだった。

遺伝子ドライブを実験することのリスクについての嵐のような議論が直ちに巻き起こった。NASはリスクを評価し安全策を検討する委員会を招集し研究者らは実験ガイドラインを作成した。

一方カリフォルニア大学の遺伝学者Anthony Jamesは蚊をマラリアの宿主とならないようにする研究を20年やっていて2012年にマラリアに罹らなくするマウスの抗体の遺伝子を同定した。この抗体はマラリアのライフサイクルに干渉した。しかしJamesはこれらの抗体遺伝子を野生の無数の蚊に拡散する方法を知らなかった。そしてショウジョウバエで遺伝子ドライブの研究をしていたUC San Diego の遺伝学者Ethan BierがJamesの問題を解決できると考えた。そしてその成果が今週PNASに発表された。遺伝子組換え蚊の子孫の99%が遺伝子をもち、抗体遺伝子が発現した蚊は寄生虫を阻止した。「全てのピースは揃った。問題は人々がこれを望むか、である」とJamesはいう。
-----------------------------------
「 いきものの不思議
ドクトル・ミツイの生物学雑記帳」ではこんな記載があります
9. 不妊の蚊を放って、デング熱を防ぐ
  マレーシアは、遺伝子操作で不妊にした蚊を放して、デング熱と闘おうとしています。デング熱の媒介昆虫であるネッタイシマカ(Aedes aegypti)のDNAにLA513という遺伝子を挿入すると、次世代の幼虫は、テトラサイクリンを与え得ない限り、死滅します。この原理を応用してネッタイシマカを根絶しようとするものです。すなわち、遺伝子を組み換えた幼虫にテトラサイクリンを与え続け、LA513遺伝子を持ったネッタイシマカ雄成虫(不妊雄)を大量に育てます。この不妊雄を大量に野外に放すと、これが野外の健全雄を数で圧倒し、野外の健全雌と交尾するのは大部分が不妊雄で、次世代の出現数が激減します。これを何回か繰り返すと、野外の個体群は消滅します。このような不妊虫放飼技術は過去にも成功例があります。例えば、カリフォルニアから地中海ミバエを根絶し、北アメリカおよび中央アメリカからヒツジバエを根絶した例などがあります。日本は沖縄のウリミバエの根絶に不妊技術を応用し大成功を収めました。現在ゴーヤが簡単に手に入るのはこのお陰で、沖縄からゴーヤを自由に持ってくることができるからです。これらの例では、雄成虫を放射線で不妊化して、これを野外に放すのですが、放射線を用いる方法には特殊な放射線照射装置が必要です。また、ネッタイシマカは放射線照射により、雄の活力が弱まり、野生の健全雄を押しのけて健全雌と交尾することができなくなるため、放射線の方法は応用できません。

  遺伝子操作で不妊化して、害虫を防除しようという試みは、さらにマラリヤ防除にも広げられ、研究が進められています。  しかし、この計画に対しても、地域の環境保護者たちが、生態系に及ぼす長期の悪影響が懸念されると反対を唱えています。 世界保健機構によると、1970年代以降2億 5,000万人がデング熱の危険にさらされ、毎年5,000万人の患者を出していると推定されています。この方法により、一日も早く、デング熱さらにはマラリヤから開放される日がくることを願っています。
--------------------------------------
るいネットではこんな記事も

アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
300132 遺伝子組み換え蚊の放出実験に、ゲイツ財団やベンチャー企業が資金提供

デング熱対策として、遺伝子組み換え蚊が大量に放出されていたという事実が既に明らかにされていますが、やはりその背後では大量の資金が、ゲイツ財団やベンチャー企業から英国オキシテック社に流れていたそうです。

感染症の撲滅を目的に掲げて行われている人体実験は、ワクチンや遺伝子組み換え生物など、いまや我々の避けがたい問題になりつつあります。
<以下長いので省略>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック