創設者の西村博之(ひろゆき)氏が、 「2ch」の商標を近く取得する。

匿名掲示板サイト「2ちゃんねる」(2ch)創設者の西村博之(ひろゆき)氏が、
「2ch」の商標を近く取得する。

ひろゆき氏は「2ch」の文字商標を2014年3月に出願(商願2014-23406)。
いったん拒絶されたが、不服審判を経て3月23日付けで登録する権利を認められた。
ひろゆき氏はすでに登録料を支払ったといい、近く商標を取得する見通しだ。

2ちゃんねる(2ch.net)をめぐっては、14年以降、ひろゆき氏と現在の運営者が対立。
ひろゆき氏は2ch.netを「違法な乗っ取り」だとして、内容をほぼコピーする「2ch.sc」
を同年4月に公開していた。

「2ch」商標は14年11月に拒絶査定となったが、ひろゆき氏側はこれを不服として審判を
申し立てた。審判では、現2ちゃんねるを別の運営者が運営しているとしても、
出願時点では「2ch」という文字列はひろゆき氏の運営により周知性を獲得している
割合が高いと考えられる──として、拒絶査定を取り消した。

ひろゆき氏は13年に「2ちゃんねる」の商標も出願している(商願2013-8081)。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1605/02/news064.html


僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
扶桑社
ひろゆき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【検証力?】論破力

    Excerpt: 論破というものは話し方の技の問題というよりも、単に事実ベースの材料、つまり根拠を持っているかどうかの問題という気もするのですよ。(234ページ) Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2019-02-24 12:53