今年もトライアスロンで死亡事故

4日午前7時45分ごろ、栃木県栃木市の渡良瀬遊水地で、「2017彩の国トライアスロンイン加須大会」の水泳競技中、埼玉県春日部市千間、会社員、藤井聖仁さん(50)が水面に浮かんでいるのを監視中の大会スタッフが発見した。藤井さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 栃木署によると、藤井さんは大会スタート約10分後、1・5キロの水泳競技コースの約350メートル地点で発見された。同署が詳しい事故原因を調べている。

 大会事務局によると、藤井さんは「スイム」「バイク」「ラン」合わせて51・5キロのコースに参加していた。
---------------------
これは運営側の単純なミスでしょう。
いつまで、JTUは死亡者を出すつもりでしょうか。



水死事故 そのメカニズムと予防対策 (Sportsmedicine Express(7))
ブックハウス・エイチディ
日本水泳連盟医・科学委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 水死事故 そのメカニズムと予防対策 (Sportsmedicine Express(7)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック