パフォーマンス「After the Echo」

会場 札幌市立大学 芸術の森キャンパス スカイウェイ
料金 無料(抽選あり)
日時 8月26日17:00-18:00
参加ア-ティスト カミーユ ノーメント 坂本龍一
インスタレーション 毛利悠子
画像

グラスアルモニカは初めて聞いた。
前で聞いていた人は札幌市長かな。

グラス・ハープを工夫し、多数の音を様々に奏しやすくさせ、細かな音の動きや、同時に多数の音を独りで奏することが容易になった。直径の異なる碗[1]状にした複数のガラス[2]を大きさ順に十二平均律の半音階に並べ、それらを鉄製などの回転棒に突き刺して回転させながら、基本的には、水で濡らした指先をガラスの縁に触れさせる摩擦によって、グラス・ハープと同様に共鳴するガラスからの音で音楽を奏する。(wikipediaによる)
-------------------
OYOYOにて
札幌国際芸術祭2017/「カミーユ・ノーメントのアーティストトーク&After the Echo報告会」
日程:8月27日 (日) 19:00 ~ 20:00 参加費:無料(1ドリンクオーダー)
参加アーティスト:カミーユ・ノーメント、毛利悠子
--------------------
カミーユ・ノーメント CAMILLE NORMENT

オスロ在住。文化的心理音響学への関心から、サウンド、空間、光、ドローイング、パフォーマンス、ビデオなどを用いて、鑑賞者自身の身体や心理、文化的背景が自発的に心象風景を描き出すような作品を制作する。
ガラス製の特殊楽器グラスアルモニカを奏でる音楽家としても活動し、自身のカミーユ・ノーメント・トリオをはじめ、さまざまな音楽家と共演し、音楽と美術の両世界で活躍する。
-------------------
早めに着いたので、芸術の森美術館を覗く。
パスポートで三カ所がフリーパスだったが、どれもよく分からない
ほんとに「芸術とは何だ」ですね
美術館前のハクウンボクの実
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック