雪崩の講演会

参加費無料のボランティアで運営している講演会
14時~参加する。
高校生が多数死亡した那須の雪崩事故の話は結果を知っているだけに身につまされて聞いた。
指導者の無知で多数の死者がでたが、これからは指導者には一定の講習会への受講を義務化したらどうだろうか。
部活で死んだら、親がやりきれない!!
-----------
第 25 回講演会 「雪崩から身を守るために」
画像
35度の積雪斜面で雪が降っていたら、引き返すべきだった

画像


主催:  北海道大学体育会山スキー部、  雪崩事故防止研究会、  (公社)日本雪氷学会北海道支部
日時:2017年10月28日(土)10:00-17:00
会場:北海道大学クラーク会館・陸上競技場

参加費:無料

10:00-10:05 開会の挨拶◇荒川逸人(日本雪氷学会北海道支部理事)◇阿 部幹雄(雪崩事故防止研究会代表)

10:05-10:55 「雪崩対策の基礎知識」◇大西人史(雪崩事故防止研究会 副代表・雪氷災害調査チーム・三段山クラブ代表)

11:00-12:00 「北海道のエアーレスキュー」~北海道防災航空隊~ 佐 伯紀章(北海道防災航空隊長)

12:30-13:30 「北海道防災航空隊 エアーレスキューデモンストレー ション&ヘリコプター展示」
会場:北大陸上競技場
※悪天・出動事案の場合中止の可能性があります
※ゴーグルをご持参ください    

14:00-15:00 「雪崩の発生メカニズム」~雪の科学~◇尾関俊浩(北海 道教育大学札幌校・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム)

15:30-16:55  (公社)日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」調 査報告
・「ニセコ春の滝」◇榊原健一(北海道医療大学・雪崩事故防止研究会)
・「那須の雪崩事故」「降雪結晶メカニズム」◇中村一樹(国立研究開発 法人防災科学技術研究所)

16:55-17:00 閉会の挨拶◇谷口誠(北大山スキー部第105シーズン主 任)◇立本明広(雪氷災害調査チーム代表)

09:45-17:00 展示ブース開設<雪崩対策の最新装備・雪山を楽しむため の装備の展示/情報の提供と交流の場>

17:00 閉会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック