トライアスロンの水質基準

お台場のトライアスロン会場の水質が悪く、国際トライアスロン連合(ITU)が懸念を示し、東京都に下水対策の強化を求めているとのニュースがありました。
ITUの水質基準はどうなっているか調べてみました。
ITUの2015年版の競技規則に記載されている。

スイムコースの異なる3カ所で採取した水を混ぜたサンプルを分析し、その結果により、スイム競技実施の可否を決定する。
タイプの異なる水が、許容できる範囲の次の評価基準を下回った場合、スイム競技の実施を可能とする。
------------
Sea and transitionwater:
海とトランジションウォーター(転移水域)
-PH between 6 and 9;
PH は6と9の間

-Entero-cocci not more than 100 per 100 ml (ufc/100ml);
腸球菌は、100 ml当たり100を超えない(ufc/100ml)

-Escherichiacoli E. Coli not more than 250 per 100 ml (ufc/100ml).
大腸菌は、100 ml当たり250を超えない(ufc/100ml)
--------------
Inlandwater:
内陸水

-PH between 6 and9;
PHは6と9の間

-Entero-cocci not more than 200 per 100 ml(ufc/100ml);
腸球菌は、100 ml当たり200を超えない(ufc/100ml)

-Escherichiacoli E. Coli not more than 500 per 100 ml(ufc/100ml);
大腸菌は、100 ml当たり500を超えない(ufc/100ml)

-The presence of Blue-Green Algal blooms/scum (cyanobatteria) not more than 100.000cells/ml.
青緑藻類/スカム(cyanobatteria)は、100.000細胞/mlを超えない
-----------
All units have to be ufc/100 ml or nmp/100 ml. (ufcColony Forming Units: nmp Most ProbableNumber)
細菌検査の定量単位はufc/100mlもしくはnmp/100mlとする。(ufcはコロニーフォーミングユニット、100ml中のコロニー形成可能な菌の数:nmpは最確数法による検査の100ml中の菌の数)
----------
----------
(ii)水質検査が上述の許容基準を上回った場合、ITUメディカル委員会の許可がない限り、スイム競技は中止とする。
-------------------
もともときれいな場所ではないようです
どんな浄水方法をとるのだろうか
http://maly.ti-da.net/e6587255.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック