グレイテスト・ショーマン

期待していなくて見た映画だが、それなりに良かった。
フリークスを集めてサーカス団を作った男の話です。
日本には階級が目に見える形では存在していないので、上級階級から差別される話は実感がない。
アメリカや西洋では階級によって、聴く音楽のジャンルもはっきりと違うらしい。
良かったのは、差別される人々の目線で、それでも堂々と生きていこうとのメッセージを出していつこと。
減点はそれでもショービジネスの世界では富裕層になることしか成功の証がないこと。
同じフリークスを扱っても、昔の「フリークス」のような極端な奇形児が出てこないのは今の時代ではもう出すことが差別になってしまうんでしょうね。




19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル。空想家の主人公が卓越したアイデアと野心で世界中を熱狂させるさまと、ロマンチックな愛の物語が描かれる。監督はマイケル・グレイシー。ミシェル・ウィリアムズやザック・エフロンらが共演。『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽を担当している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック