映画「天国の門」

アメリカの開拓時代の映画には、こんな暗い題材を基にしたものが時々ある。アメリカの強さというべきか。
25日深夜TV映画。

1890年、ワイオミング。東欧からの移民が押し寄せる中、家畜業者の会議が開かれ、牛泥棒という名目で移民125名の死刑執行が決定される。これに立ち向かう保安官のアベリル。町には傭兵たちが集結し、ついに戦争の火蓋が切られる……。「ディア・ハンター」で名声を得たマイケル・チミノ監督がアメリカ史の恥部と言われたジョンソン郡戦争を題材にして作り上げた西部劇超大作。興行的失敗で製作元のユナイト映画は倒産。219分の完全版も88年に日本公開された。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック