ラテンジャズ セクステット~ LIVE

ラテン音楽だけあって、観客はかなりのりのりでした。

Feliz De La Vida (フェリース・デ・ラ・ヴィーダ) ~ラテンジャズ セクステット~ LIVE
9月30日(日) 15:00~15:30
場所:1F すずらん広場
出演:
MIHOKO(ピアノ)
阿部 ヒロカズ(トランペット)
菅原 昇司(トロンボーン)
蛇池 雅人(アルトサックス)
豊田 健(ベース)
瀧村 正樹(パーカッション)

MIHOKO(ピアノ) みほこ
在日中は、ピアノ講師の傍ら、ピアノ、オルガン奏者として活動。2000年に渡米。バークリー音楽大学でジャズを学び、同校パフォーマンス科を卒業。magna cum laudeでバチェラー取得。ジョアン・ブラッキーンとハービー・ダイアモンドに大きな影響を受ける。在学中、オリジナル作品でいくつかのアワードを受賞。卒業後はボストンの有名ジャズクラブを始め、ニューヨークなど多数のライブスポットに出演。自己のトリオの他、さまざまなグループのメンバーとして積極的に演奏活動を行っている。一方、ラテンアメリカのミュージシャンとも親交を深め、サルサ、ラテンジャズなどのピアニストとしても活動。毎年ボストン市内や郊外で行われる数々のラテンミュージックフェスティバルにも出演している。2010年、自己のピアノトリオによるファーストアルバム「We'll See」をリリース。ボストン最大のFM局WGBHを含む、アメリカ各地のNational Public Radioにてエアプレイされる。現在は、ボストン、ニューヨーク、札幌を行き来しながら活動の幅を広げている。

阿部 ヒロカズ(トランペット) あべ ひろかず
札幌出身。中学校でトランペットと出会い、高校時代に演劇「上海バンスキング」で俳優笹野高史氏に憧れジャズプレイヤーを目指す。大学在学中より歌手のバックバンドなどのプロ活動を始める。現在は、自己のグループやジョニー黒田&ディキシープリンスで精力的にトラディショナルジャズを追求。ニューオーリンズやニューヨークにて現地ミュージシャンと交流し経験を深める。ほかにもSapporo Jazz Ambitious等ビッグバンドへの参加やスクールバンドへのゲスト出演など様々なシーンで活動。北海道を代表するトラッドジャズトランペッター。

菅原 昇司(トロンボーン) すがわら しょうじ
苫小牧出身。2013年、札幌で活動するプロミュージシャンを中心に結成されたビッグバンド「札幌ジャズアンビシャス」にリードトロンボーンで参加、2月に初コンサートを行い好評を博す。作曲、アレンジも積極的に取り組み、リーダーバンドの一つである5トロンボーンアンサンブル「F-FIVE」では、全曲自身のオリジナル曲だけを演奏している。現在は札幌でライブ、レッスン他、様々なイベントに出演し活動する。

蛇池 雅人(アルトサックス) じゃいけ まさと
1975年北海道苫小牧市生まれ。高校時代にブラスバンドでサックスを手にする。地元大学の学生BigBandに参加。在学中より演奏活動開始。大学卒業後、会社員として働くが、29歳の時よりプロ活動へ転向。数回のNYステイで、Vincent Herring氏、Dick Oatts氏、Bob Mover氏、Grant Stewart氏、新井田孝則氏らに多くの影響を受ける。国内外問わず、多くの演奏家と共演、親交。Straight Ahead Jazzを基軸に、Smooth、Jazz Fusion、Brasil、Latin、Pops等広い分野で活動中。

豊田 健(ベース) とよだ たけし
1970年、札幌市出身。小・中学にかけてブラスバンドでトロンボーン・サックスを始め、中学2年の頃よりベースを独学で始める。小樽商科大学入学後ジャズ研究会に所属しウッドベースを手にし、故・伝法諭氏に師事。在学中より札幌・小樽で演奏活動を始める。1998年より北海道を代表するピアニストである福居良のグループに加入(~2004年)。現在、札幌を中心に様々なライブやセッションに参加。向井滋春(tb)、中村誠一(ts)などの北海道ツアーにも参加。

瀧村 正樹(パーカッション) たきむら まさき
帯広市出身。伝説的パーカッショニスト「斉藤不二男」氏の門を叩き師事を受ける。1999年、キューバの名門「Instotito Sperior de Arte(ISA)」音楽院に留学。キューバのパーカッショニスト"Panga"氏や「イラケレ」のオスカル・バルデスに師事、その後キューバのサルサ・バンドで演奏活動をする。2001年、帰郷。その後ニュー・ヨークに短期渡米。2009年、パーカッション・スタジオ「CoroCanta」をオープン。2011年~2013年、劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演にてパーカッションを担当。2013年~道内では初のプロ・ミュージシャンによるBig Band「Sapporo Jazz Ambitious」にてパーカッションを務める。2017年~劇団四季ミュージカル「ライオンキング」札幌公演にてパーカッションを担当。多くのミュージシャンたちと共演、レコーディングなどを手掛け、現在、ラテン、ジャズ、ロック、クラシック、演歌、歌謡曲等ジャンルにとらわれずにフリーで活動中。また、小中高等学校、大学でのワークショップ、芸術鑑賞会、ラテンパーカッションの指導など教育にも力を入れている。毎年行われる高校や大学の定期演奏会ではゲストプレイヤーとしてプレイしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック