中村好江 ニューオリンズ JAZZ LIVE

トランペットのリズムの取り方がすばらしい
------------------
10月8日(月・祝) 15:00~15:30
場所:1F すずらん広場
出演:
中村 好江(トランペット)
板谷 大(ピアノ)
豊田 健(ベース)

中村 好江(トランペット) なかむら よしえ
鈴鹿市出身。9歳でトランペットを始め、12歳でJAZZ発祥地・ニューオリンズでトラッドジャズの虜に。同時期からラテン、デキシーのショーバンドにて国内外の演奏活動で音楽漬けとなる。この頃より、アメリカ、ジャマイカ、キューバ、タヒチ、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ等で現地の音楽文化に接する。18歳単身NYにて、ルーソロフ、ジョンファディスに師事。19歳にてジャズ界大御所・松本英彦氏の勧めにより銀座ヤマハホールコンサートより本格的にソロ活動開始。メディアではNHK特集「中村好江トーク&ライブ」1時間生放送などが組まれ、新聞メディア等出演。ライブ、奉納演奏、音楽鑑賞、福祉、人権、環境イベント等での演奏。また、地元鈴鹿では、鈴鹿市PR大使就任、教育委員会夢工房学校講演10年以上。ソロ、自身のバンド「中村好江わくわくHOT6」等、東海地方を中心に関東、関西、全国各地へ演奏し音楽生活26年。近年ではパリや日本大使館主催国交10周年にて東ティモール演奏。そして毎春ニューオリンズを往来。アルバムは2012年全国発売された『Wonderful Days』をリリース。今もなお世界中の人々が集まる人懐っこい特別な音楽の街、生活と共に寄り添うニューオリンズのジャズをこよなく愛し、深く温かいサウンドで、今日という日を照らす音を込め、持ち前の底抜けの明るさと元気良さで、幅広い年齢層から人気を得ている、日本で希少なニューオリンズジャズスタイルの女性トランペット。

板谷 大(ピアノ) いたや ひろし
1974年、札幌市生まれ。5歳からクラシックピアノを始める。ジャズファンでもある両親の影響からジャズにも興味を持つ。大学時代より本格的にジャズピアノを始める。プレイはトラディショナルなジャズスタイルをベースにする。エネルギッシュで時には叙情的な表現もみせる、いま札幌で最も人気のあるピアニストのひとり。現在、自身のピアノトリオ・9ピースバンド、ジョニー黒田とディキシープリンス、山本敏嗣グループのほか、村田浩・澤田一範・小濱安浩・大森明・林栄一など、全国的に活躍するミュージシャンとも数多く共演している。

豊田 健(ベース) とよだ たけし
1970年、札幌市出身。小・中学にかけてブラスバンドでトロンボーン・サックスを始め、中学2年の頃よりベースを独学で始める。小樽商科大学入学後ジャズ研究会に所属しウッドベースを手にし、故・伝法諭氏に師事。在学中より札幌・小樽で演奏活動を始める。1998年より北海道を代表するピアニストである福居良のグループに加入(~2004年)。現在、札幌を中心に様々なライブやセッションに参加。向井滋春(tb)、中村誠一(ts)などの北海道ツアーにも参加。
これは2014年のコンサート

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック