五足の靴

「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行」
明治四十年夏、与謝野寛(鉄幹)、北原白秋、吉井勇、平野萬里、太田正雄(木下杢太郎)が、南蛮文化への興味を胸に九州にひと月の旅をした。その体験は多彩な文学として花開く―
この昔の旅行の跡をたどり、著者がその行程を旅行した感想を本にしたようだが、何か消化不良のまま書いたようで、何を言いたいのか、最後まで判らなかった。当時の若者の価値観は今と随分違うので共感できない部分が多かったせいだろうか。
ただ、この5人の独学のレベルの高さはうらやましい。

「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行 [ 森 まゆみ ]
楽天ブックス
明治の修学旅行 森 まゆみ 平凡社ゴソクノクツヲユク モリ マユミ 発行年月:2018年03月16日


楽天市場




五足の靴 (岩波文庫) [ 五人づれ ]
楽天ブックス
岩波文庫 五人づれ 岩波書店ゴソク ノ クツ ゴニンズレ 発行年月:2007年05月 ページ数:14


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック