滝雲

滝雲という言葉を知った。

山の稜線をこえて風下側に流れた雲が、山にそって滝のように落下しながら消えていくもの。
これは中標津の近くで撮った写真だが、滝雲という言葉は知らなかった。
僅か数分の間にどんどん変っていく雲の動きは見ていて飽きない。
画像

2018.8.31撮影
「剥き出しの地球 南極大陸」の中に出て来た
美しい写真が特徴だけれど、写真の情報が全く無いのが残念。


剥き出しの地球 南極大陸
新潮社
阿部 幹雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック