勝ったほうが生き残るとは限らない

”プロスポーツは別として、あまり勝負にこだわるのはどうかと思うが、小学校の運動会で順位をつけない傾向もよくない。速い子と遅い子、走るのが好きな子とイヤイヤ 走る子がいていいのだ。
ただし、いちばん速い子をちゃんと表彰したあとで、先生は教えなきゃいけない。
後ろからトラが追いかけてきたとしたら、ビリの子が食われる。でも、ゴールでトラが待伏せていたら1等の子が食われるよ、と。
生き物には多様性があるのが自然であり、勝ったほうが生残るとは限らない、ということを教えるのが本来の教育であろう。
「養老孟司の旅する脳」より

養老孟司の旅する脳 [ 養老孟司 ]
楽天ブックス
養老孟司 小学館ヨウロウ タケシ ノ タビスル ノウ ヨウロウ,タケシ 発行年月:2009年03月


楽天市場


--------------------
生物多様性の話につながるのがすごい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック