無意識をいかにコントロールするか

”無意識をいかにコントロールするか。これはやり方を誤ると、暴走を始めてしまう。無意識をコントロールする最上の方法は自然の中に身を置くことで、それが仏教の教えなんです。だから、お釈迦様も菩提樹の下で瞑想したわけです。
<中略>
自然に近いところで住んでいる人は、”ここから先は入れない”という場所、聖域をもって生活できるわけです。そうすると、意識と無意識とのバランスがよくなる。現代社会は意識を強制する、いわば奴隷制の社会ですから。”
「見える日本、見えない日本」より


【中古】 見える日本、見えない日本 養老孟司対談集 / 養老 孟司 / 清流出版 [単行本]【ネコポス発送】
もったいない本舗 お急ぎ便店
著者:養老 孟司出版社:清流出版サイズ:単行本ISBN-10:486029064xISBN-13:9


楽天市場


ネットで無意識のコントロールについて検索すると、沢山の方法が見つかるが、どれも難しそうなものばかりだ。
自然の中に身を置くとは田舎や海外に旅行するとか、犬猫をかうとかいろいろあるが、手近な方法は自家菜園をやることだろうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック