スワイショウ

スワイショウはもともと気功の一つであるが、簡単で疲れないため、今では健康法として広く行われている。漢字で書くと「甩手」 “甩”は中国の漢字で「放り投げる」の意味がある。横回転の方法しか知らなかったが、いろいろなバリエーションがあるらしい。
高石宏輔さんの本によると、前後に動かす方法では体が緊張している場所が分り、それを意識することで緊張が解けるそうだ。スワイショウについては多くの動画が公開されている。
-----------------------
はじめは自発的に動かしているが、百回、二百回と振っていると手が勝手に動いているような感じになってくる。いくら続けても疲れないような状態になる。てのひらにビリビリしたしびれるような感じが起き、指先までジンジンと熱くなる。四百回、五百回と振り続けると全身がさわやかな気分となり、いつまでも振り続けていたくなる。これはランニング・ハイと同じであり、スワイショウはエンドルフィンの分泌を促す妙法のようである。
-----------------------
最初は、100回で2分のペース。1日200-300回ほどを振ってみる。
3ヶ月程続けていくと、気・血・水の流れが整い、自然治癒力が高まってくる。
ある程度続けられるめどが立ったら、一度40分で2千回を目安に行ってみる。
やっている途中で、姿勢等さまざまに自然に矯正し、理想的な形が保てるようになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック