ブラジルのニュース 1月分

1/31 失業者11万人減 1219万人に 非正規と自営業が増加

1/31 ヴァーレの減産 ブラジルの貿易に20億ドルの影響 :350人以上の死者と行方不明

1/30 郵便配達への苦情14%増加 ネット通販拡大の副作用か

1/30 マレーシアがブラジルの牛に市場を開放

1/30 リオの1月 ここ97年間で最高の暑さ

1/30 サンパウロ州=神父が少年への悪戯で停職に=管轄の司教も捜査対象に

1/29 サソリ被害 サンパウロ州で増加 昨年は12人が死亡

1/29 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パーク

1/29 鉱山ダム決壊で5人逮捕 死者65人、不明者279人に


1/29 「腐敗のない国」ランク 105位に後退

1/28 ドル高の影響 ブラジル人の国外支出が減少

1/28 ブラジル・マクド 新規開店を加速 1.8万人の雇用創出

1/28 パラナ州の大豆収穫が12%減

1/25 空港で飛行機や馬も押収

1/25 セアラー州の暴動終らず=銃撃戦で強盗犯6人死亡

1/25 サンパウロ州南部で水質汚染調査=多くの海岸が海水浴に不適

1/24 銃の登録者47%増えていた=2014年からの4年で

1/24 伯航空会社の利用客 1億300万人に増加

1/24 サンパウロ州で黄熱病による死亡者が6人

1/23 ブラジル産鶏肉をサウジが一部禁輸

1/23 FCチェーン 店舗数5%増加 「公文」が全国7位に

1/22 リオ州の貨物盗難が減少 一方で死亡者数は増加

1/22 国外で勾留・服役のブラジル人 2年連続で増加 麻薬がらみが最多

1/21 給油所内での飲酒が原則禁止

1/21 農業関連の輸出額が過去最大に 中国が大きく影響

1/17 「社会階層」が原因の差別 市民の3割が経験

1/17 コーヒー生豆輸出が15%増加:過去最大

1/17 胃の中にケータイなど61点 刑務所へ持ち込み謀りバレる

1/16 大統領が銃所持法令に署名:市民の武器所持がさらに容易になる

1/16 自転車生産台数が5年ぶりに回復=「自転車レーン整備が好影響」

1/16 成人人口の4割が債務不履行者 30歳以上で軒並み増加

1/15 肥満女性が差別や偏見と闘う集会

1/15 デング熱発生のリスク 国内500市以上に

1/15 女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される

1/15 法的責任年齢=18歳から16歳への引き下げに国民の8割が賛成

1/14 オートバイの生産・販売 いずれも増加に転じる

1/11 学校での「性教育」と「政治議論」に大半が賛成

1/11 文房具の税金、価格のほぼ半分を占める

1/10 コンゴーニャス空港がドローンで一時閉鎖

1/09 ブラジル人女性格闘家、強盗を撃退=パンチ2発とキック1撃


1/09 新車販売数が2年連続プラス

1/09 病院前で主人を待つ犬6匹=路上生活者との愛の絆実証

1/08 市民の65%が「経済は良くなる

1/08 貿易黒字 前年比13%減 史上2位の583億ドルに

1/08 サンパウロ州で「女性殺し」増加 約半数は「未練男」による犯行

1/07 インターネット利用者が1000万人増:10歳以上の69.8%

1/05 セアラー州=バス襲撃、爆破の暴動発生=モロ法相、国家治安部隊派遣へ

1/04 年末の大型宝くじに購入者殺到=52組に約1億6755万円が当選

1/04 ボウソナロ新大統領=就任式でもさっそく物議=「社会主義からの解放」叫ぶ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック