合唱祭で歌った「ほらね、」

この歌はみんなで「歌おうNIPPON」プロジェクトの一つの成果です。

みんなで「歌おうNIPPON」に参加して、全国から東日本大震災の被災者の方々にエールを送りませんか?
日本中に皆さんの歌声が溢れ、その歌声が直接被災者に届きます。カワイ出版は作曲家の方々と協力して、そのお手伝いをします。

2011年3月11日に起こりました東日本大震災は、東北・関東地方に甚大な被害を与えました。日本中が悲しみに暮れ、被災地に対しての思いやりの気持ちが溢れ、善意は義援金や救援物資などとして被災地に送られています。福島、宮城、岩手をはじめ被災された地域は音楽、特に合唱が盛んな地域です。歌声がいつでも聞こえていた場所です。被災され、まだ、合唱なんてとんでもない、という地域が多い中で、少しずつ合唱団の練習を再開しているという情報を聞くと、とても嬉しく思うのは私どもだけではないと思います。

日頃より合唱楽譜を出版している弊社としましても、なんとか被災地の合唱愛好家の皆さんにエールを送ることができないか、と考え、このプロジェクトを開始することとしました。上記の様にまだまだ被災地では歌声を響かせることは困難です。そこで、日本中の合唱愛好家の皆さんの協力と作曲家の皆さんの協力を得て、歌声を被災地に届けよう、というのがこのプロジェクトの基本骨子です。被災者の為に書かれた新しい作品を無料で配信をし、日本中で歌って頂くこと、そしてできるだけ沢山の歌声を、ネットを通じて被災された方々に送りたい、ということを目的とします。作曲家の方々はこのプロジェクトに賛同して下さり、無償で作品を書き下ろしてくださいます。多くの皆さんが歌って下さることを期待しています。掲載は著作者との申し合わせにより配信後1年で無料配信を中止いたします。(カワイ出版のHPより)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック