風力とソーラー、50年までに世界の電力の半分近く賄う公算-BNEF

再生可能エネルギーは足を引っ張る人がいるからなー。
----------------------------
 (ブルームバーグ): 風力・ソーラー発電やバッテリーのコストが大きく低下し続け、2050年までに再生可能エネルギーが世界の電力供給源の半分近くを占めるようになる。

 ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が18日公表した19年版エネルギー見通しによれば、今後30年でのこうした大きな変化は、 電力需要が62%増え、新規プロジェクトに向かう投資額が13兆3000億ドル(約1444兆円)に上ることが背景だ。

 BNEFによると、ソーラーと風力が50年までに世界の電力の50%近くを賄うようになる。
 それ以外の再生可能エネルギーと水力、原子力の割合は合わせて21%。石炭は現在の37%から12%に低下すると予想されている。

 再生可能エネルギーへのシフトを主導するのは欧州で、50年までに欧州の電力は92%が同エネルギーにより供給される見通し。
 石炭火力発電所を今は増やしている中国とインドだが、両国とも50年までには電力の3分の2近くを風力およびソーラーを中心に賄うようになる見込み。

 米国では50年までに再生可能エネルギーが電力の43%を占めるとBNEFは予測している。
-----------------------------------
各国の一次エネルギー自給率(2015年)w
 カナダ 171.83%
 中国  86.49%
 米国  85.96%
 英国  57.65%
 ドイツ 37.90%
 韓国  16.53%
 日本  6.15%
まあこんな状況で日本で物作りなんて高くなって難しいね
今年も貿易赤字絶賛拡大中wwwww
-------------------------------------
バッテリーの開発がすべてやろね

効率のいいバッテリーが出てきたら文明が根底から変わるで
------------------------------------------


再生可能エネルギー技術 [ 藤井 照重 ]
楽天ブックス
藤井 照重 中塚 勉 森北出版サイセイカノウエネルギーギジュツ フジイテルシゲ ナカツカツトム 発行


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック