「村田エフェンディ滞土録」

図書館で考古学者が主人公の「村田エフェンディ滞土録」を見つけて、読む。最後にほろりとする。 登場人物は梨木さんの他の本にもでてくるので、梨木ワールドの一環か。 ときどき、格言が出てくる。その一節。 「ーテレンティウスという古代ローマの劇作家の作品に出てくる言葉なのだ。セネカがこれを引用してこう言っている。「我々は、自然の命ずる声に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more