ウポポイ見学

IMG_0009.JPG
IMG_0024.JPG
雨の中の見学会だった。
案内は開発局の浜下様
来年4月24日オープンに向かって、大勢の人が集まっている。
敷地は軟弱地盤のため、白老港の浚渫時に発生した砂を利用している。国立博物館としては最も小規模で、総工費約200億円。
----------------------------------
日本技術士会 北海道本部地方委員会(道央) 第1回施設見学会プログラム

1.現地見学
 テーマ:白老町「ウポポイ(民族共生象徴空間)の現地見学」
     ~2020年4月開業予定 国立アイヌ民族博物館等の建設現場~
日 時:令和元年7月19日(金)13:00~14:00
場 所:ウポポイ(民族共生象徴空間)の建設予定地
     〒059-0902 白老町若草町2丁目3番4号

2.講演会
 時 間:14:30~16:00
 テーマ:ウポポイ(民族共生象徴空間)について
 講演者:一般財団法人 アイヌ民族博物館 渉外広報課長 西條林哉様
 場 所:白老町コミュニティセンター 研修室(204)

0

この記事へのコメント