ビタミンB12欠乏による怖い神経障害

昨日、テレビで亜急性連合性脊髄症の症例を見た。テレビでは胃の免疫疾患によってビタミンB12が吸収出来なくなって起るとされていて、ビタミンB12の筋注で治ったというドラマ仕掛の話だった。ネットで調べると、1万人に1人の割合で発生し、通常は40歳以上の人にみられる。 症状は「全身のだるさ(けん怠感)から始まります。両手と両足にはチクチク感…
コメント:0

続きを読むread more