アクティブ.ラーニングの話

アクティブ・ラーニングは大学教育から社会へのトランジションの課題を解決するための手段の一つとして発展してきた教育手法で、日本の大学教育全体において推進されている。 2008年、ティーチングからラーニングへの転換がうたわれ、教員が何を教えたのかではなく、学生が何を学んだかが明確に問われるようになった。 2012年、アクティブ・ラーニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more