北大の隠れた歴史ツアー

8月7日当日の朝刊で紹介されたイベントで参加者は少ないと思ったが、30人程集った。
IMG_0005.JPGコタン跡地。IMG_0010.JPG納骨堂。
6月に出版された「北海道大学もう一つのキャンパスマップ」刊行記念のイベントで執筆者8人が案内役を務めた。企画はこの本の出版社の寿郎社。ツアーの出発地の北大生協書籍部の売上げはこの本がトップで60冊ほど売れているとか。3時間かけて、アイヌ納骨堂、アイヌコタン、レーン・宮沢事件でレーン先生が逮捕された宿舎などを廻った。北大の建学の基礎に植民学がある。資料は膨大にあるが、今これを研究する人が少ないらしい。無料のツアーを終えて、この本を買った。

この記事へのコメント