映画「クリムト エゴン・シーレとウイーン黄金時代」

いまいち良く分らない映画だった。 --------19世紀末のオーストリア・ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの没後100年にあわせて製作されたドキュメンタリー。官能的でありながら、常に死の匂いを感じさせる作品を残したグスタフ・クリムト。クリムトから強い影響を受けながらも新たな表現を模索し続けたエゴン・シーレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more