「命みじかし、恋せよ乙女」

樹木希林の遺作となった映画。異界の表現が外国の監督だとずいぶん直裁的で余韻が残らないというか、叙情的でないというか。でもいい映画でした。片岡鶴太郎の「異人たちとの夏」を思い出しました。原題はKirschblüten & Dämonen(満開の桜と妖精)。ユウ役の入月絢さんは1983年生れの舞踏家。
コメント:0

続きを読むread more