PAN DURO LIVE

ハンドパンという楽器は21世紀になって作られた新しい楽器らしい。音階があり、癒やし系の音色だそうだ。ハンドパンとヴァイオリン、二人とも素晴らしい!!------金属製で、膨らんだ円盤のような形をした楽器。抱えるようにして、あるいは支えに乗せて固定し、素手で叩いて音を出す。円盤の表面には複数の「面」があり、叩いたときの音階がそれぞれの面で…
コメント:0

続きを読むread more

新しい音や新しい言葉なんてどこにもない

”セロニアス・モンクは僕がもっとも敬愛するジャズ・ピアニストだが、「あなたの弾く音はどうしてそんなに特別な響き方をするのですか?}と質問されたとき、彼はピアノを指さしてこう答えた。 「新しい音(note)なんてどこにもない。鍵盤を見てみなさい。すべての音はそこに既に並んでいる。でも君がある音にしっかり意味をこめれば、それは違った響き方…
コメント:0

続きを読むread more