まちなか お昼のおんがくかい

ビスケットタイプのレコード盤(?)があるのは知らなかった。途中、うとうとしてしまった。

爽秋アンビエント・ミュージック
北海道の各地でフィールド・レコーディングした音を使用した電子音響音楽のライブ・パフォーマンス。
黄金岬や石狩の海の音、置戸町の木々や風、麦畑が揺れる音など、北海道各地でフィールド・レコーディングした音を用いた実験的な音楽ライブによって、SCARTSコートが幻想空間となります。

2019年9月23日(月・祝)開演 14:00(約2時間)
出演
chiharu mk(実験音楽、電子音楽)
フランスGRMで電子音響音楽を、そしてMOTUSが主催するFUTURAにて多次元立体音響スピーカー・システム「アクースモニウム」の奏法を学ぶ。
ピアノと電子音響の1st アルバム『piano prizm』の鮮烈な作風が国内はじめ、海外メディア・音楽雑誌で話題となり、その後も水中マイクhydrophoneを使用した『waterproof』、スリッド・ドラム[波紋音]とフィールド・レコーディングを融合させた『blue flow』など、常に先鋭的なアプローチで作品を発表。
今年5月にリリースしたNew Album『pure culture』がタワーレコードのレコメンド・ディスクとして注目を集めている。
https://www.studio-cplus.net/

曲目
Gift from the sea
A wind blowing from the forest ほか

新譜のイメージ映像

過去のライブ映像
これは聞きに行ったような気がするな。

有名なambient music 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント