Fusion of Music コンサート

風邪気味なのか、前半はちょっと苦しそうでしたね。 最後のレミゼラブルはよかった。 9月29日(日) (2)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 安達 彩子(ボーカル) 日小田 直美(ピアノ) <プログラム(予定)> ルージュの伝言(「魔女の宅急便」より)作詞・作曲 荒井由実 テルーの唄(「…
コメント:0

続きを読むread more

アマレヤ劇団とアイヌ女性の舞踏劇

アイヌの人々が樺太から江別に強制移住させられた時の叙情歌は初めて聴いた。アマレヤ劇団の歌う発声法も面白かった。---------- 日本・ポーランド外交樹立100周年記念事業 ポーランドのアマレヤ劇団とアイヌ女性会議メノコモシモシの現代舞踏劇 ポーランド人文化人類学者ピウスツキーと樺太アイヌ女性との出会いと別れ--100年前の衝撃…
コメント:0

続きを読むread more

胆振東部地震災害調査合同報告会

大きな会場が満席状態でした。 令和元年9月27日 13:30~17:10 場所:京王プラザホテル札幌 地下1階「プラザホール」 「平成30年北海道胆振東部地震災害調査 合同報告会 北海道地質調査業協会・日本応用地質学会・日本地すべり学会北海道支部 共催 開会挨拶・調査団活動状況 13:30-13:35 平成30 年北…
コメント:0

続きを読むread more

日本版枯れ葉作戦とは何か--北海道に撒かれた枯れ葉剤

約30人が集り、ベトナムで使われた枯葉剤が日本製で、しかも日本でも大量に撒かれたり、埋められたりしていたという話を聞いた。初めて聞く話で、しかも札幌でも藻岩のスキー場周辺で1971年に撒かれたという。--------- レイチェル・カーソン北海道の会 第176回学習例会 9月26日(木)16:00~17:50 場所 北大・遠…
コメント:0

続きを読むread more

山本太郎

7:30頃、札幌駅に行くと、大勢の人が集まっていた。まだ山本太郎さんの演説会が続いていた。若い人が多いようだ。テレビカメラが3台。 生で聞くのは初めてだ。言っていることは分かりやすい。
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨーク公共図書館

映画「ニューヨーク公共図書館」は3時間を超えるので途中休憩時間が設けられていた。しかし3時間25分はさすがに長いと感じた。予想していた内容と異なっていたが図書館の裏側で何が行われているかが丁寧に描かれている。図書館は単なる書架ではないとか、図書館は民主主義にとって重要だとか、利用者の利用履歴を平気で警察に渡すような日本の図書館とはレベル…
コメント:0

続きを読むread more

まちなか お昼のおんがくかい

ビスケットタイプのレコード盤(?)があるのは知らなかった。途中、うとうとしてしまった。 爽秋アンビエント・ミュージック 北海道の各地でフィールド・レコーディングした音を使用した電子音響音楽のライブ・パフォーマンス。 黄金岬や石狩の海の音、置戸町の木々や風、麦畑が揺れる音など、北海道各地でフィールド・レコーディングした音を用いた…
コメント:0

続きを読むread more

九州・パラオ海嶺に過去2000万年間の堆積物があることを発見

1973年、米国の深海掘削船グローマー・チャレンジャー号を用いた掘削が九州・パラオ海嶺で行われ、300mのコアが得られた。今回40年を経て再解析や微化石・同位体分析により過去2000万年間を通じて連続的に堆積した貴重な試料であることが明らかになった。 詳細はhttps://www.aist.go.jp/aist_j/press_rel…
コメント:0

続きを読むread more

夕張シューパロダム

ダムの完成までは何度も通った場所だが、トンネル完成後は風景が一変して知らない土地に来たような気がした。三弦橋の見学会は23日だが、その日は台風が来るというので前日に行った。三弦橋は道路が通行禁止(落石)でざんねんながら見えなかったが当時の記憶が蘇ってきた。近くの道の駅でダムカード(バス通行券)をもらって帰る。 夕張岳 水没した橋
コメント:0

続きを読むread more

ロマンシュ語で歌うビビ・バプロン

21日の道新で紹介されていたスイスの歌手です。 どの歌も悲しげな歌ですね。 本名はBianca Mayer・ビアンカ・メイヤー 1979年生まれ シンガーソングライターでピアノとハープシコードが得意 ロマンシュ語はスイスのグラウビュンデン州で話される言語で,1938年以来スイスの国語の一つに認められている。話し手…
コメント:0

続きを読むread more

秋晴れ

21日、2カ所の墓地に墓参り。秋晴れのいい天気でした。明後日には台風17号が来るらしいが。t">この墓地に一時繁茂していたベニバナコウリンタンポポは全く見えなくなった。帰りは定食屋jinbeiで食事。今、鮭の季節なのに、なぜか切り身が小さいのが残念。
コメント:0

続きを読むread more

i母の呪いはいずれ解けるよ

この人どの本を読んでも、前向きな人だと感じるなあ。  ”母はうるさかった。ほんとにうるさかった。あたしのやることなすことが気に入らず、こまごまと文句をつけ、干渉した。従わないとひっぱたかれた。不条理だった。どうしてこんなに自分のやり方を他人におしつけることができるかなあと、子ども心に思っていた。どうして娘といえども他人だとわかならいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上西美帆トリオ feat.蛇池雅人

口を大きく開く歌いかたは相変わらずで、話もうまい。札幌に来るのは年1回らしい。 9月16日(月) 15:00~15:35 会場: イオンモール札幌発寒 Vocal 上西美帆 /Sax 蛇池雅人/Piano 板谷 大/Bass 柳真也 上西美帆 北海道出身 学生時代は医療の道を志し就職するも、海外滞在中初めてJazzに触…
コメント:0

続きを読むread more

赤しその収穫

庭の赤しそは減りもしないし、増えもしない。実が大きくなったので敬老の日に収穫。葉はジュースにし、実は酢漬けにした。醤油漬けより使い勝手がいいらしい。
コメント:0

続きを読むread more

樋口智樹・田中望未 ピアノ連弾コンサート

9月15日(日) 13:00~ 13:30 基本、二人で1台のピアノを弾くので4手の場合が多いけれど、見ていると3手になったり2手になったりしている。譜面の量が倍になるので、譜面をめくる人は半分の時間間隔になって忙しそう。 場所:1F すずらん広場 出演: 樋口 智樹(ピアノ) 田中 望未(ピアノ) これは二人の二重…
コメント:0

続きを読むread more

ふきのとうホール

ふきのとうホールができた当時、聞きたいコンサートはなぜかいつも完売済で、そのうちこのホールのことは忘れていた。このたび、ヨガの先生から招待券をいただき、初めて中に入ることができた。30分前に着くと、別の階でコーヒーとケーキ付きでプレコンサートがあった。ホールは221席でこじんまりしているが、音響効果はすばらしい。音がひとつひとつクリアー…
コメント:0

続きを読むread more

ここではないどこか

”ここではないどこかに、何かがある-----これが、私たちの精神的支えになっていることもあります。<中略> 「ここではないどこか」にある理想的の姿は、現実に生きている自分を照らす鏡のようなものと考えるといいのですが、それがすぐ実現できるとか、そうなるべきだと考えると、苦痛になったり、どうせダメだからと悲観的になってしまいます。求めてい…
コメント:0

続きを読むread more

仕事の成果って、気にしてもしようがない

”内藤:私は美術をやっていて、こういう作品は残るけど、むしろ作品という形になったものよりもこれらをひとりで作っていた何年間かの時間のほうが自分という存在のよすがになるのかもしれない。 茂木:作品は人と共有できるけど、それを作っていた時間というのは他人と共有できないですもんね。そう思うと、なんとなく人はどう生きるべきかっていう誰もが…
コメント:0

続きを読むread more

ダーファー・ユーセフ

すばらしい。Dhafer Youssef - Satyagraha ダーファー・ユーセフ(ダファー・ヨーゼフ);1967年生まれ、チュニジア出身の作曲家/ウード奏者/ヴォーカリスト。中東の音楽に根差しながらヨーロッパのジャズやエロクトロニカを融合させた独創的なサウンドと、倍音や鼻を押さえながら高音で歌う独特の歌唱で注目を浴びる。
コメント:0

続きを読むread more

まれに思春期のない人もいるけれど、遅れてくる思春期は数倍たいへんかも

異国で思春期の娘と暮らす母親の奮闘記。思春期って対処法がなく、子も大変だけれど、親も大変だというのがよくわかる。危機的な状況も時期が過ぎるとなんとなく収まってしまうというのも摩訶不思議。---------- 伊藤ふきげん製作所 (新潮文庫)より ”以前、カウンセリングの先生が言いました。子供の「うつ」は、好きだったことに興味をなくす…
コメント:0

続きを読むread more

反復の多い音楽は覚えやすい

"だいたい音楽は鳴ればすぐ消える音を聞く者に覚えさせつつ、脈絡をつけていこうとする面倒なもので、その覚えには反復による刷り込みが手っ取り早い。"「音楽放浪記世界之巻」より --------「ヘルシンキ大学の心理学者カルロス・ペレイラの研究チームが行った実験によると、好き嫌いを問わずよく知られている音楽を聞いている時、人々の脳は感情を司…
コメント:0

続きを読むread more

ロマの音楽

深夜TV「はるかなる音楽の旅-さすらいのヴァイオリン」というロマの人々の音楽を訪ね歩く番組を最後まで見てしまった。朝が起きれない。 ヴァイオリンを弾き始めたのはそんなに昔からではないらしい。お金もないので楽器の一部は自作のようだ。
コメント:0

続きを読むread more

LUNA(vo)from Tokyo JAZZ LIVE

大きな声からピアニッシモの声まで自由自在な歌唄い。 9月8日(日) 13:00~ 13:30 場所:1F すずらん広場 出演: LUNA(ボーカル) 板谷 大(ピアノ) 柳 真也(ベース) LUNA(ボーカル) 音楽教師の父と筝曲大師範の母のもと、様々な音楽に触れて育つ。3歳よりクラシックピアノを学ぶ。2001…
コメント:0

続きを読むread more

蛇池雅人Trio feat.satoko JAZZ LIVE

satokoさんの歌声はとてもすてきだけれど、透明すぎて、買物客が大勢いる中ではなんだか埋没してしまう。 9月7日(土) 15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 蛇池 雅人(アルトサックス) satoko(ボーカル) 南山 雅樹(ピアノ) satoko(ボーカル) さとこ 北海道北広島市出身。5…
コメント:0

続きを読むread more

ディテールに拘って一喜一憂して生きていこう

"具体的な事物に向合っていないと、どうしても潰せない時間ができてしまい、妙なことになってしまう気がします。もちろん、忙しすぎてうつ病みたいになる場合もありますけど、余裕のある時間に正面から物事を見据えようとすると、精神がおかしくなるのではないかと思うのです。” 「新冷戦時代の超克-「持たざる国」日本の流儀」より世界はどこへ向かうか? …
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルのニュース 8月分

8/31 ブラジル産大豆の不買示唆=世界的なサケ養殖業者(ノルウェイ)がアマゾン理由に 8/31 違法伐採=パラー州の農園主を逮捕=麻州でも衛星使った摘発続く 8/30 連邦政府がアマゾンでの焼畑禁ずる=国際的な批判への対応策-60日間 8/30 総人口は2億1千万人 8/30 サルバドル(Salvador)のビ…
コメント:0

続きを読むread more

体罰による身体能力操作の悪習は日露戦争から

「大東亜共栄圏とTPP 片山杜秀の本-7」より 一般的に体罰的なものというのは、日露戦争より前には見つけられない。でも、日露戦争からあとになってくると、だんだん一般化してくる傾向にありまして<中略>それはたまたまそうなったんじゃなくて、やはり国の、とくに軍の姿勢として、そういう方向が出てくるわけです。 これはスポ根もの「巨人の星」…
コメント:0

続きを読むread more

明日待子さん

今日の道新に明日待子(あしたまつこ)さんの記事が大きく載っている。このブログでもちょっとだけ紹介したことがあった。 https://momijigasa.at.webry.info/201602/article_50.html 戦前はムーランルージュのアイドルで、戦後は札幌で活躍されていたらしい。今年の7月に99歳で死去されたが、今…
コメント:0

続きを読むread more

高橋智美カルテット LIVE

ちょっと変わった声のジャズ歌手です。------------- 9月1日(日)15:00~15:30 場所:1F すずらん広場 出演: 高橋 智美(ボーカル) 酒井 由紀子(ピアノ) 佐藤 裕一(カホン) 斎藤 里菜(ベース) 高橋 智美(ボーカル) たかはし ともみ 北海道十勝出身、JAZZ&POPSボーカリスト…
コメント:0

続きを読むread more