体罰による身体能力操作の悪習は日露戦争から

「大東亜共栄圏とTPP 片山杜秀の本-7」より 一般的に体罰的なものというのは、日露戦争より前には見つけられない。でも、日露戦争からあとになってくると、だんだん一般化してくる傾向にありまして<中略>それはたまたまそうなったんじゃなくて、やはり国の、とくに軍の姿勢として、そういう方向が出てくるわけです。 これはスポ根もの「巨人の星」…
コメント:0

続きを読むread more