i母の呪いはいずれ解けるよ

この人どの本を読んでも、前向きな人だと感じるなあ。  ”母はうるさかった。ほんとにうるさかった。あたしのやることなすことが気に入らず、こまごまと文句をつけ、干渉した。従わないとひっぱたかれた。不条理だった。どうしてこんなに自分のやり方を他人におしつけることができるかなあと、子ども心に思っていた。どうして娘といえども他人だとわかならいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more