ビザールなエゾの地図

"日本の中央政権は、一千年以上にわたって、本州のすぐ北に見えるエゾが島をのぞこうともしなかった。<中略>もう一度あえていうが、津軽からすぐ目の前に見えるエゾ地の全体を探索しようとする人がわたしたちの先祖にいなかったのは、なぜだろうか。<中略>しかし、ともあれ日本人は、みずからの国土、およびみずからの周辺の土地について、他者に向けて発信する情報を幕末までほとんどもっていなかったのである。そのことが、エゾの地およびその以北の土地の、十八世紀になってもなお不確定な、ビザールな地図を生んだことは、疑いない。”「日本海ものがたり-世界地図からの旅」中野美代子 2015 より。nihonkiキャプチャ.JPG
この本の中でも書かれているが、アイスランドは九世紀ごろからヴァイキングたちによる植民が試みられていた。彼らと比べると、日本人はもともと未知の土地に対する探究心がなかったのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント