ニホンオオカミは二度死ぬ

”2013年4月1日、福島県相馬郡飯舘村にある山津見神社の本殿から火が出て、本殿と宮司宅の二棟が全焼した。2011年3月11日の福島第一原子力発電所の事故により、飯舘村全域が立ち入り禁止区域となり、消防署や消防団による一切の消火活動がなされない時期での火災だった。火災原因は、神殿の灯明からの失火とも考えられているが、その夜は宮司の妻が一人でお籠りしていて、鎮火の後、焼死体で発見された。<中略>犠牲はまだあった。山津見神社の本殿の天井絵としてあった242枚のオオカミたちの絵がことごとく焼失してしまったのだ”
「津島佑子 土地の記憶、いのちの海」2017年 より。tusimsaキャプチャ.PNG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント