霊的なものの切迫

暴力的なもの、攻撃的なものは、映画とか漫画でもあまり見ない方がいいって。僕たちは娯楽として消費しているつもりでいるけれど、そこで見た血なまぐさい映像は心のどこかに残る。荒々しい映像や心象に心は影響される。だから、ネガティブなものはできるだけいれない。不安とか、怒りとか、恐れとか、切迫してきたら、瞬間的にパッと切る。

土大夫を養うには、まず鬼神に仕える方法を学び、次に音楽を聴く、音楽を奏でる術を学ぶ。音楽の経験は、まさに存在しないものの経験ですよね。メロディーもリズムも「もう聞こえなくなった音」がまだ聞こえて、「まだ聞こえない音」がもう聞こえる。つまり、過去と未来の両方に触手を伸ばして、初めて成立する。
「日本人にとって聖地とは何か」より。気配とか予感におびえることなく生きるための指針ですね。達人になるのは難しそうだ。seic.PNG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント