環境権

この環境権の考え方はなかなか味わい深い。
環境権というものがあるならば、それは人間が環境を保護する権利ではなく、文字通り、「環境の人間に対する権利」に他ならない、とレヴィ=ストロースは明快に断言している。
今福龍太著「レヴィ=ストロース 夜と音楽」2011年より。yor.PNG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント