古典はいつの時代にもよみがえる

古典はいつの時代にもよみがえる、というよりも、どの時代にも新しくよみがえり得るものこそ、「古典」と呼ぶにふさわしいと井筒は考えている。それは読まれることによって、時空のへだたりを超えて現在に新たないのちをおびるものにほかならない。
若松英輔編「井筒俊彦ざんまい」2019年 より。井筒俊彦全集をいくつか読んでみようかな。ずいぶん昔「神秘哲学」を古本屋で買って読んだ記憶はあるが中身は全く覚えていない。izuキャプチャ.PNG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント