ナターシャ・グジー

日本語も歌も演奏もすばらしい。 ナターシャ・グジーさんは、6歳の時、チェルノブイリ原発事故で被曝。少年少女民族音楽団に入団。天性の美声と民族楽器バンドゥーラをたずさえて、弾き語りの歌手として活躍をはじめる。2000年より日本語学校で学びながら日本での本格的な音楽活動を開始。
コメント:0

続きを読むread more

説経節

ウイルス騒動が終ったら、一度 説経節を生で聞いてみたい。 「ここに訳しだした説経節の現代語版も、またそのとおり、音楽とともに語られるものではなく、目で追われて読まれるもの、ないしはアカペラで、声に出して読まれるものとして作った、作りたかったのでした、そういう身の丈にあった、わたしの説経節を。」伊藤比呂美著「新訳 説経節 小栗判官・しん…
コメント:0

続きを読むread more