豪華なヤマボウシ

IMGP0466.JPG西野神社の近く。花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片そうほうへん(花のつけ根の葉)とか。本来の花は四枚の白い総苞片の真ん中につぶつぶ状(頭状花序)にある。ヤマボウシ(山法師、山帽子)の名は、頭状花序を僧兵の頭に見立て、また白い総包片を頭巾に見立てて、白い頭巾をかぶった山法師を連想することから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント