古井由吉

古井由吉の小説を初めて読む。図書館にあった「夜明けの家」と「陽気な夜まわり」。いずれも短編小説集。普通の小説と違って、どうもカメラの焦点が合わないような、情景などどうでもいいようで、粘着質な書き方で、現実と虚構のあわいを表現しているのだろうか。耳も遠くなるにつれて、季節ごとに静まりは確かになり重くなり、人がどこへ紛れこんでいようが、いく…
コメント:0

続きを読むread more