宝島

真藤順丈「宝島」を読む。Audibleは経験したことはないが15時間で読めるらしい。沖縄の方言が随所に出てくるが、東京生れとか。沖縄を舞台の小説は池上永一以来だけれど、作風はかなり違って、船戸与一に近い。英語のタイトルがHERO’s ISLANDとなっている。とにかく熱い小説で一気に読んだ。ウタキが隠し味になっているが、現実のウタキは人…
コメント:0

続きを読むread more