天界の葡萄とリンネソウ

今福龍太編「むかしの山旅」の大平晟著「ヌタプカムウシュペ山」1913年 を読む。大雪山はかってヌタプカムウシュペ山と言ったらしい。昔の文章は漢字が難しくて読むのに骨が折れるし、パソコンで一字一字入力するのに文語体はとても時間の掛る作業だ。当時の登山者は博物学を勉強しており、地形、地質、植物、動物について博識であったようだ。というか博識っ…
コメント:0

続きを読むread more

庭の花

ハタザオキキョウ。百合が原公園のブルートレイン沿いにも咲いていました。長いこと、これはツリガネニンジンとばかり思っていましたが、花の付き方が全く違いますね。ハタザオキキョウはほぼ1列に咲き、ツリガネニンジンは茎の廻りをぐるりと輪生する。雑草化していて、年ごとに増えています。
コメント:0

続きを読むread more